ディアナコート御苑内藤町ディアナコート御苑内藤町

DESIGN


緑豊かな“新宿御苑に”寄り添う、内藤町アドレスに誕生。

美しく、誇らしく、邸宅としての
存在感を表現する独創のデザイン

新宿御苑という由緒を擁しながら都心にある先進のライフスタイルが愉しめる街。

そんな内藤町にふさわしいレジデンスとなるために、重厚感とともに、モダンな感覚をもたせた「ディアナコート御苑内藤町」。

効果的に配されたルーバーが建物にリズム感を与え、またアースカラーを基調とした配色が、見る人に洗練された印象を与えます。奥ゆかしくありながら、それでいて存在感を放っている。ここにあるのは、美しく独創的なデザインです。

外観完成予想CG

DESIGNER|Facade Design

株式会社JWA建築都市設計 代表

渡辺 純 
Watanabe Jun

1954年東京生まれ。建築家として渋谷に事務所を持つ。ハーバード大学修了。丹下健三建築・都市設計研究所(1978年から1981年)および槇総合計画事務所(1985年から1990年)に勤務し、プロジェクト・アーキテクトとして幕張メッセを担当。1990年独立と同時にテキサス大学建築学部助教授に就き、1996年には終身教授資格を取得。作品VILLA GAMAGORIにてマイアミビエンナーレ2003ゴールドメダル。また2度のアメリカ建築家協会賞、6度のグッドデザイン賞など受賞歴多数あり。2014年にはアジア建築家協会ARCASIA賞をその年度の日本人受賞者として唯一受賞。デザイン監修を手がけた「ピアース溝の口」が2016年度グッドデザイン賞受賞。

  • ディアナコート目黒祐天寺

  • ディアナコート都立大学

品格と深みが、幾重にも重なっている。

土の魅力を感じるタイルをはじめ、本物がもつ上質な雰囲気を醸しだす選ばれた素材。
それらが集まり、ここにひとつのレジデンスを完成させました。
エントランスにあるシンボルツリーの前に立てば、それだけで贅にあふれた日々の始まりを予感することができます。

エントランス完成予想CG

※掲載の外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。計画・施工等の理由により変更になる場合があります。周りの建物等は一部表現を省略しております。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※掲載のエントランス完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。計画・施工等の理由により変更になる場合があります。周りの建物等は一部表現を省略しております。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定して描かれたものではありません。

資料請求|来場予約