アールブラン高津レジデンス

DESIGN

この地の未来を思い、
辿り着いた、美意識の結晶。

FACADE DESIGN

88邸。街に調和し、緩やかに開きながら、
求められる空間品質を積み重ねていく。

敷地形状を生かしながら、建築を素直に馴染ませた配棟計画。
北側の棟に対して南側を斜めに配置し、中央に生じた余白には美しい坪庭群を創出しました。
また外構には、周辺の自然環境と響きあう多様な植栽をプランニング。
季節の訪れを告げる葉色の変化や鮮やかな花々が、邸宅に豊かな彩りをもたらします。

外観完成予想CG

緑と光を 愉しむ ギャラリー空間。

窓辺に四季を映すエントランスホール。石貼りのパターンや照明、ベンチ形状にみるランダムな意匠が、
しなやかに自然とつながる有機的な建築美を際立たせています。
ラウンジにはモダンなソファセットを配置。爽やかな木立を眺めながらゆったりと寛げます。

エントランスホール完成予想CG

ラウンジ完成予想CG

季節の訪れを告げる花々や葉色の変化を愉しむ植栽計画。

エントランス完成予想CG

ハナチルサト

シマトネリコ

イロハモミジ

ハナミズキ

ベニカナメ

ヒラドツツジ

クリスマスローズ

※Image photo

洗練性と安らぎが織りなすモダンレジデンス。

二子玉川に寄り添う洗練されたライフスタイルと周辺の豊かな自然に響きあうために。街道に面した北側のファサードには、ガラスの意匠を用い先進性のあるモダンな佇まいを創出。一方の南側外観には、緑に映えるアースカラーの素材を採用し、住宅街の静けさと二ヶ領用水の気配を間近にする住まいの安らぎを表現しました。邸内に広がるのは、開放的な窓辺に四季折々の自然を映すエントランスホール。さらに共用廊下を彩る美しい坪庭群が、水と緑と光を感じる内外一帯の空間を演出します。

外観完成予想CG


株式会社 SKM設計計画事務所
共同代表/建築家

三宅 弘晃Hiroaki Miyake

[経歴]1969年/神奈川県横浜市出身、1991年/多摩美術大学美術学部建築学科卒業、1991年/SKM設計計画事務所入所、2017年/取締役共同代表就任 街並み景観を大切に、ホテルやオフィス、駅舎など、幅広い分野のプロジェクトに参画。集合住宅においては、グッドデザイン賞やJIA 優秀建築選など多数の受賞作品を手掛けている。

Material image


INTERIOR DESIGN

アールブラン高津(実績例)

それぞれの美意識に染まる、しなやかな住まい。

都市と自然が穏やかに調和する二子玉川エリアを、自分らしく心地よく暮らす人たちの住まい。そこには、美しくも飾りすぎず、ナチュラルでありながらも垢抜けている、そんなニュートラルな美意識が求められていると考えました。「アールブラン高津レジデンス」の専有部における空間コンセプトは、「EFFORTLESS CHIC STYLE」。今期のサローネにも見られた優しい色使いを意識しながら、程よく肩の力が抜けたような、洗練性の中にも癒しと安らぎを感じられるインテリアスタイルを追求しました。


株式会社 カン・デザイニングオフィス
代表取締役

鈴木 ふじゑFujie Suzuki

1991年カン・デザイニングオフィス設立。集合住宅、個人住宅のインテリアコーディネートから、商業施設やエクステリアデザインのコーディネートを行う。トータルな視点から快適さと心地よさを追求し、美意識のある住まいの提案を続ける。社団法人日本インテリアデザイナー協会会員


※掲載の外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。計画・施工等の理由により変更になる場合があります。周りの建物等は一部表現を省略しております。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※掲載のエントランスホール完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。計画・施工等の理由により変更になる場合があります。周りの建物等は一部表現を省略しております。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定して描かれたものではありません。※掲載のマテリアル写真(2018年9月撮影)は実際と質感・色等の見え方が異なる場合があります。
※掲載の室内写真はMORIMOTO×株式会社 カン・デザイニングオフィスの実績写真となります。

資料請求|来場予約