アールブラン馬込

Location


城南・大田区の邸宅街として、豊かな系譜を継ぐ「馬込」。

1.馬込の街並み(約630m・7分) 2.池上の街並み(約2.4km) 3.洗足池公園(約1.9km)

山王や池上などから続く、大田区の上質な邸宅地としての住文化を語る「馬込」。

武蔵野台地に刻まれた多くの坂が趣き豊かな風景を織りなす、馬込・池上・洗足池のエリアは、古くから景勝の地として人々に親しまれ、「馬池洗(まいせん)」と呼ばれてきました。また、東には山王エリアが続き、この一帯は文士や芸術家、実業家や政治家らに愛された邸宅地としての歴史を刻みます。「馬込文士村」の名を今に伝える馬込には、豊かな自然と利便性を併せ持つ、上質な住文化が受け継がれています。

エリアイメージ概念図
※掲載のエリア概念図は、各エリアをイメージ的に分けた概念図で、実際とは異なります。

海抜約14.3m。荏原台から続く武蔵野台地上に築かれるやすらぎ。

田園調布、洗足池、池上、山王、そして馬込。それら、大田区の邸宅地に共通するのは、比較的地盤が良好とされる武蔵野台地の上に広がっていること。「アールブラン馬込」の現地も、武蔵野台地のうち、古墳群で知られる荏原台の海抜約14.3mの地点に位置しています。高台という条件からも住宅地としての安らぎが感じられます。

標高区分イメージ図
※大田区ホームページ内の標高図を基に描き起こしたイメージで、実際とは異なります。

※掲載の所要時間は80mを1分で換算した概算です。信号の待ち時間等は含まれておりません。※掲載の環境写真はすべて平成28年10月に撮影したものです。

資料請求・来場予約