アールブラン馬込

Design


端正なフォルムが醸し出す、品位とやすらぎ。

外観完成予想図

馬込の穏やかな空気感と、
凜とした邸宅の気品を表現する
外観デザイン。

外観デザインは明るく優しいベージュカラーを基調とし、バルコニー手すりの穏やかな水平ラインを際立たせました。その水平ラインとコントラストを成す垂直の柱にはダークカラーのタイルを用い、優雅な中にも引き締まった印象を演出。端正なフォルムの中に、馬込の静穏な空気感とシャープで凜とした気品を表現しています。

モリモト×南條設計室の
コラボレーションによって生まれる、
風景の美を先導する邸宅デザイン。

デザイナーズマンションの真髄を求め続けるモリモトが、この地でコラボレーションを組むのは南條設計室。大切にしたのは、城南の邸宅街にふさわしい気品です。隣り合う緑道の自然につつまれ、凜として建つ「アールブラン馬込」。穏やかな街並みに静かに佇みながらも、この地の風景の美しさを先導して行く、ひときわの個性を放ちます。

自然美を魅せ、
環境を先導する邸宅づくりを。

デザイン監修/南條設計室

Principal Director

南條 洋雄
Hiroo Nanjo

南條 洋雄(株式会社南條設計室)
建築家。外観・共用部の設計は、日本建築家協会会員で理事を務めたこともある南條洋雄氏。1971年東京大学工学部都市工学科卒業。1985年(株)南條設計室設立。東京都立短期大学非常勤講師・日本建築家協会会員。クレッセント三鷹ザ・タワー等の数々のモリモト物件のデザインも担当。グッドデザイン賞やブラジルの競技場設計コンペの一等を獲得するなど、数多くの賞も受賞しています。

今回使用予定の外壁 & エントランス回りの素材

駅徒歩5分、緑道沿いの三方角地に誕生。

外観完成予想図

3方向が通りに面して開放され、
南向き中心の通風採光に優れた
プランニング。

敷地の東・南・西側の3方向が接道し、開放的な角地に誕生する「アールブラン馬込」。ほとんどの全住戸のバルコニー側が植栽帯や通りに向けて伸びやかに開かれ、さらに、南向き中心の住戸配置により、心地よい光と風を存分に取り入れるプランニングが実現しました。

潤いあふれる景観美をつくり出す、
植栽計画。

駅からのアプローチとなる緑道の木々と連続するように、建物の周囲には豊かな植栽を配し、散策の楽しい並木道のような風景を演出。ハナミズキやコブシを主体とした緑道の木々が落葉した冬にも、緑豊かな沿道空間となるように常緑のソヨゴやシマトネリコ、ヤマボウシなどを植え、四季を通じて潤いある景観をつくります。

敷地配置イメージイラスト
※掲載のイメージイラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。

※掲載の完成予想図は、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。設計・施工等の理由により変更になる場合があります。周りの建物等は一部表現を省略しております。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※掲載の使用予定の外壁&エントランス周りの素材写真は、計画段階のもので変更となる場合があります。また、色味・色彩等は実際とは多少異なります。 ※掲載の植栽写真はすべてイメージで、実際とは多少異なります。また、変更となる場合があります。

資料請求・来場予約